人は、何かを買うために生きているわけではない。よい人と出会い、よい人生を送るために生きている。そこに、消費者があえて口にしない、真の欲求がある。

ビジネスお役立ち知識

『空想生活』で発明の腕試し

自分のアイデアや試作品が商品化に値するのか。それを知る目安のひとつは第三者の意見です。しかし、直接企業に持ち込むのは得策ではないと言われます。ほとんど門前払いか、最悪はアイデアを盗まれてしまう可能性があるからです。消費者の意見を聞きつつアイデアをブラッシュアップさせ、クリエーターの協力を得ながら商品化を目指す。そんな場があれば発明の腕試しになると思いませんか。

■「ほしい」の声から商品化 「空想生活」

こんなモノがあったらいいな、という「ほしい」をカタチにするサイトが「空想生活」です。このサイトを利用してできることは次の5つ。

【①「あったらいいな」を発見】

「こんなアイテムがあったらいいな」を募集。他人の想像からアイデアのネタが拾えるかもしれません。

【②アイデアを投稿】

自分のアイデアを投稿する。生活のニーズごとにテーマが設定されているので、共通のニーズを持つ人たちの新しいアイデアが参考になりそうです。

【③デザインを提案】

投稿されたアイデアに対するデザイン案の検討・発表。参加するのはプロのデザイナーから主婦や学生まで、「空想生活」に集まったユーザーのみなさん。自分のほしいデザインを直接提案することもできます。

【④仲間を集める】

商品化の可能性を高めるためにユーザー同士でアイデアをブラッシュアップさせる。

【⑤商品化を検討】

「空想生活」を運営するエレファントデザインがメーカーの選定・営業を担当し、投稿されたデザインの商品化をバックアップ。商品化が実現すればロイヤリティも支払われます。

■空想生活 https://www.cuusoo.com/

ユーザー同士が協力し合い、「空想生活」のフォローを受けながら商品化を目指すという流れをたどれば、アイデアが形になって世に出るまでを体験できます。まずはここで腕試しをして、次の発明にいかしてみてはどうでしょう。

 

ご意見・ご感想はこちら







コメント内容


Copyright © 2018 Hiroshi ono All Rights Reserved.