人は、何かを買うために生きているわけではない。よい人と出会い、よい人生を送るために生きている。そこに、消費者があえて口にしない、真の欲求がある。

ビジネスお役立ち知識

成果が出るのは、必ず理由がある!

近頃テレビをつけると、同じ顔ぶれのお笑い芸人たちが、同じような番組で、同じようなことをしています。このお笑いブームは何となく始まったわけではなく、ちゃんと理由があります。メディアにおける吉本興業の力が、かつてのジャニーズ事務所くらい大きくなっているのでしょう。分かりやすさを求める現代人は軽く笑える“ゆるい”番組がお好きなようで、お笑い最大手の吉本興業が頭角を現してきたのはある意味必然かもしれません。

何事も分析してみれば理由があります。成果が出るにも理由があるし、うまくいくのも理由があります。営業成績の良い人は顧客管理に苦心し、マメに顧客フォローをしています。新規の顧客獲得が上手い人は事前の情報収集を怠らず、心理学をかじってみたり世間話のネタをいくつも仕入れておいたりと、自分の引き出しを広げる努力を惜しみません。「あいつは口下手なのになぜ契約が取れるんだ?」と不思議に思うなら、その人をよく観察してみましょう。言葉にしなくても誠実さが伝わる態度。些細な受け答えからにじみ出る責任感。きっと、「この人に任せたい」と思ってもらえるような“何か”があるのでしょう。

逆に、頑張っているのに成績が上がらない理由もあるはずです。約束の時間に少し遅れる。言ったことをやっていない。誠意はあるのに言葉遣いや態度で損をしている。自分の思う「十分」と相手の望む「十分」がずれている……。とにかく“何か”理由があるはずです。

出ては消え、消えては出てくるお笑い芸人たちはまるで消耗品のようです。けれど中には残っていく人たちも必ずいます。成果を出し続けている人もいるのです。「この一発芸じゃ長くないな」。テレビを観ながら彼らを分析するように自分のことも冷静に分析してみれば、良い理由もダメな理由も見えてくるでしょう。理由が分かれば、成果を出すための対策の立てようもあるというものです。

ご意見・ご感想はこちら







コメント内容


Copyright © 2018 Hiroshi ono All Rights Reserved.