人は、何かを買うために生きているわけではない。よい人と出会い、よい人生を送るために生きている。そこに、消費者があえて口にしない、真の欲求がある。

その他

すでに集客のツボは変わっている。

「お客との結びつきを強くし、自分の魅力を引き上げることで、顧客との一体化を図る」 すると初めてソーシャルメディアにのって口コミが発生していく。 評価を得ている者、特徴のある者を拡大させるのがネットでありソーシャルメディア …[続きを読む]

何にしがみつけば生き残れるのか?

これから「事業」の寿命はどんどん短くなります。 「商品」の寿命もどんどん短くなります。 「売り方」の寿命もどんどん短くなります。 ではどうすればいいのか? 今いる顧客と、日ごろからきちんとした関係作りをすること。 この取 …[続きを読む]

商品や価格に頼らない成長戦略

この売れない時代、 今持っている商品やサービスの品質を極限まで高めることで、活路は開けるのでしょうか? 品質は大事です。 しかし高品質というだけではこの恐慌は乗り切れません。 なぜなら、その高品質を吹き飛ばすほどの勢いで …[続きを読む]

売れない時代に確実に成果を出す彼らのやり方

この売れない時代に、確実に成果を出すコツがあります。 本質的で当たり前のことを「やり切る」ことです。 どうしてこんなことで成果が出るのか? 何かを実行して成果が出ない最も大きな要因は「中途半端」だからです。 80%、90 …[続きを読む]

売れない時代に繁盛する2つのコツ

いま、ひとつの時代が終わりました。 それは、インターネットによる販売とアメリカから入ってきた狩猟的な売り方です。 ここ十数年、皆がよい時代を過ごしました。 おそらく「誰もが儲かった最後の時代だった」という評価になることで …[続きを読む]

恐慌時の売り方と、2020年以降の売り方。

今、「600年に一度の社会変革の時代」と言われています。 話が大きすぎて詳しいことはよくわかりません。 しかし、将来の商売のやり方は確実に押さえておく必要があります。 これから10年は、顧客の生活と精神に溶け込んだ者が売 …[続きを読む]

自分の商品を売れるヒット商品にする方法

大企業やアイデアを形にするのが得意な会社は、商品単体でヒットを飛ばすことができます。 しかし、一般的な中小企業や個人の自営業者は、ヒット商品を独自に開発することは難しいといえます。 ところが、良い時代になりました。 平凡 …[続きを読む]

お客にとっての最高の専門家になる方法

お客は専門家が好きです。 専門家の言うことであればすぐに鵜呑みにして行動します。 商売において「圧倒的な専門家」になることができれば、営業上どれほど心強いでしょう。 では、「専門性を高めるための勉強しよう」と思う人もいる …[続きを読む]

必ず成果の出る世界一簡単な営業方法

私が営業マンをやっていたときに、たくさんの受注を獲得できた最大の理由は、マメだったからです。 商品力や営業技術ではない。 単にマメだったということです。 セールスは電話では済ませない。 月に1回玄関先へ行く。 声をかける …[続きを読む]

意味のある「ムダ」が利益を生む!

今、あえて無駄を持つ会社が注目されています。 なぜなら、その非効率さが大きな利益を生むからです。 効率化はある意味、大切です。 しかしすべてを効率化してしまうと、行き着く先は、他社と同じになってしまいます。 他社も同じよ …[続きを読む]

« Older Entries

Copyright © 2018 Hiroshi ono All Rights Reserved.