人は、何かを買うために生きているわけではない。よい人と出会い、よい人生を送るために生きている。そこに、消費者があえて口にしない、真の欲求がある。

その他

すでに集客のツボは変わっている。

「お客との結びつきを強くし、自分の魅力を引き上げることで、顧客との一体化を図る」

すると初めてソーシャルメディアにのって口コミが発生していく。
評価を得ている者、特徴のある者を拡大させるのがネットでありソーシャルメディア。
他と差異の無い者、普通の評価を受ける者、一般的な魅力にとどまる者には何も起こらない。
そこを勘違いしているケースが多いように思います。

「お客との結びつきを強くし、自分の魅力を引き上げることで、顧客との一体化を図る」

それにとってなにより、
次世代の集客方法といわれる、様々なコミュニティとの連携による大量集客を実現できる。
この手法は誰でもできるものではありません。
多くの信者客の数と確固たる魅力を背景に持っている者だけが
コミュニティの主催者から評価され提携を許されることになる。

広告宣伝を軸としたマーケティングではもう、見込み客は集まらない。
真逆のやり方の中にチャンスが眠っている。
・今いる顧客と強く結びつく。
・リスト持っているところと提携する。
・狭い地域を徹底的に固める。
・公共機関、例えば保育園等へ入り込む。
今はありえないことが、次世代にはあたりまえの集客方法になっていく。

もはや今までのやり方では、見込み客は集められないことを認識しましょう。
すると、次の効果的な集客方法が自然と見えてくるように思います。

 

コメント1件

ご意見・ご感想はこちら







コメント内容


Copyright © 2018 Hiroshi ono All Rights Reserved.