人は、何かを買うために生きているわけではない。よい人と出会い、よい人生を送るために生きている。そこに、消費者があえて口にしない、真の欲求がある。

ビジネスお役立ち知識

自分の才能に気づき商売を繁盛させる方法

以前にように、「ちょっと要領よくやれば誰もが繁盛する」という時代ではありません。自分の特徴、もっと言えば、自分の才能に気づき、その才能を商売繁盛の方向へ生かす人が、驚くべき成果を出す時代です。あなたにはきっと才能がある。自分で気づいていないだけ。以下の本には、自分の才能に気づくヒントがあるかもしれません。

- さあ、才能(じぶん)に目覚めよう /マーカス バッキンガム(著) ドナルド・O・クリフトン (著) -

この本の初版は2001年ですが、勝間和代さん推薦本ということでいまだに売れているようです。「才能」と書いて「じぶん」と読ませる日本語タイトルは、自分の強みを見つけて仕事にいかすことが成功や幸せにつながる、という内容だからでしょう。ただしここで言う「才能」は一般的なイメージと少し違っています。本書の定義によれば、「(才能とは)繰り返し現れる思考、感情及び行動パターン。何かを生み出す力を持つ資質」。つまり、無意識の思考や行動は才能の現われということになります。

自分の「才能」は何なのか。それを診断できる「ストレングス・ファインダー」というウェブテストが本書の目玉です。このテストでは人の才能を34種類に分類しており、診断によって特に傾向の強い5項目が明らかになります。項目には、「コミュニケーション」「学習欲」「個別化」「最上志向」「親密性」「運命思考」「収集心」「内省」などがあり、それぞれが詳しく解説されています。

本書では「才能」「知識」「技術」を明確に分けています。才能は先天的なものなので変えられない。知識と技術は後天的なものなので本人次第とした上で、自分の「才能」を正確に把握し、知識と技術でそれを磨くことが「才能をいかす」ことだと書かれています。弱みの克服より強みの強化に努めよということでしょう。

テストには本のシリアルナンバーが必要です。テストは1回しかできないので、中古本では本書の目玉を活用できないことがあります。ご注意くださいね。

 

ご意見・ご感想はこちら







コメント内容


Copyright © 2018 Hiroshi ono All Rights Reserved.