人は、何かを買うために生きているわけではない。よい人と出会い、よい人生を送るために生きている。そこに、消費者があえて口にしない、真の欲求がある。

ビジネスお役立ち知識

新商品、販促アイデアの発想力トレーニング

発明やアイデアに不可欠な「発想力」。日頃から疑問に思ったことをメモしておくとか、自分が不便に感じることを分析してみるなど、発想力を鍛える方法論はいろいろありますが、肝心なのは継続すること。この“継続”が、実は一番難しいかもしれません。そこで今回は、発想力を向上させるトレーニングをご紹介しましょう。いわば、小学生の頃にやった「計算ドリル」のようなものです。

■あいであのちから研究所

日本で唯一だという“ビジネスアイデア発想力”のポータルサイトです。発想力を理論化し、様々な角度から発想力を刺激&強化するオリジナルのトレーニング教材やアイデアの事例などが用意されています。なかでもオススメなのが無料メールマガジン「1分間発想力ドリル」。提供される話題のネタをもとに、実際にアイデアや企画を発想してみるというドリル(反復練習)です。購読者1万8千人の秘密は、繰り返しドリルを実践することで、新商品やサービス、新規事業、販促アイデアが自然と身につくことでしょう。

サッカーのドリブルが上手くなりたかったら繰り返して練習します。毎日パソコンを使っていれば、いつの間にかブラインドタッチが身につきます。発想力を鍛えるのも同じこと。

「結局、ずっと使える“身になる力”をつけたかったら反復練習が必要不可欠なんです。知識・ノウハウを学ぶことも大事ですが、発想力・企画力を身につけるにはやはり実際に自分で発想し続ける反復トレーニングが最も有効なんです」(あいであのちから研究所より)

発想力の反復練習。それが「1分間発想ドリル」です。漠然と「アイデアを練りなさい」と言われても戸惑いますが、このドリルには発想の参考になる【解説】や【資料】も合わせて紹介されています。また、読者参加型なので他人の発想から大いに刺激を受けることでしょう。

 

ご意見・ご感想はこちら







コメント内容


Copyright © 2018 Hiroshi ono All Rights Reserved.